Img_b87132b01f45bece4383018748c074c4
先週、台風で流れてしまった西穂行きを決行!
自分にとっては初西穂。
岩稜のアップダウンにバテたけど、楽しかった!
ガスガスの中で時々チラリズム的に
穂高連峰の一部が見えてテンションアップ!
こうめさん、アマちゃん、maeさん、いつもありがとね〜!

初めてのお山は新鮮でした♪
もっと岩稜に慣れたらもう少しラクに登れたり
下りたりできるんだろうな〜と思いましたね。
山容は少し紅葉仕掛けていて色味ある山容を見せていました。

下山時に、おりえさんとLEEさんと山荘で遭遇!
終盤にテンション上がりみんなで盛り上がりました!笑

帰りは平湯の森&国八食堂にて心身共にリセット!
お疲れさまでした!


活動時間/8時間48分
活動距離/7.91km
高低差/773m
累積標高上り/下り/1,016m / 1,018m
Img_5595e0b89cd63d3acb464953221b0ebb
Img_c5eab0d1996dbcfe4a9b26031df9357e
Img_61af5ef0b12c6f6afabfc2a516bf1944
Img_221cadf90627d5fa71cbd41d9026eac1
Img_a84d95aef9b0a237fe7002c4cdac35a8
Img_cc582c10f71be2bfc467641b8d20146c
Img_2b3e8f961b07f32c652cafaa613f1d19
Img_6ca5bed12e37dc0242c5b60fd115af6b
Img_cb4466be7724910a2800c129d70adcf8
Img_fea8eaaa7dc926d05d49ad6c3ef7370b
Img_5da4510c5ce165690570411eb27bbf23
Img_9d06f16ff956cc850c647c3e0d9f4abc
Img_b50b2961a91dad48bfe5a8ea5fed16f2
特にタイトルの意味はナッシング。
コモエスタ赤坂に反応された方は僕より歳上の方か同世代か…笑

今回は久しぶりに1000m以下のお山。
赤坂山→明王の禿のピストン。

既に下界も秋の装い。
涼しくもなったし低山も良いだろうと、
こうめさんの提案に即OK!
しかも、アマちゃんに加え、ノリノリさんとしーちゃんも参加とのこと!
また撮影会の予感…。いや確実だろう。いや絶対だ!
下山後はあの街路樹百選の「メタセコイヤ並木」を見学に!

お仲間と賤ヶ岳以来の湖北へ心が踊る!
で、興奮して寝れないっていうね…。(←噓つけ)

ただ、今までは2時半出発や3時出発が多かった山行だが、
今回は7時集合なので4時半起きで十分の近場。
金曜夜遅くまで仕事でもラクチンなのだ。

自分にとっては、
メジャーなお山ばかりが続いたので、
たまには良いかと。

低山でゆる〜くススキ鑑賞に浸り、
昼間っから温泉で、とろ〜〜んとなり、
休憩室でぐ〜が〜昼寝してから、
定番のカツカレーをむしゃむしゃと食し、
並木道でわーわーきゃーきゃーの撮影会!

またまた楽しい山行となった。
マキノ高原、なかなか良いじゃん♪

こうめさん、アマちゃん、
ノリノリさん、しーちゃん!
ありがとうね!
お疲れさまでした!^^



活動時間/5時間44分
活動距離/9.19km
高低差/661m
累積標高上り/下り/946m / 945m
Img_a9cab938976d2e5c4f66d323542883bb
Img_71ef761a7b3d658419f583c7d34c8114
Img_2eb3ddb80e0e67f1c2b8bcc66005eb33
Img_1f697524ca0b7c30e290c0f03b4ccde9
Img_0d7bd8da639176f6ab4cd027a6355775
Img_4958c159593be21130974d4895108fc6
Img_d5166276775fa800adb93266ede303fd
Img_19d81d64e0c9dbf5ed778e9710571f79
Img_23b3556ae8a01eac06440aad3022f065
Img_24918cb8b96db95a2dbaf7c759d602eb
Img_a860b90e57b1b01b3adb0eae6c2d9b5b
Img_4ce9233fa4e4494e2ef2063a508a143e
Img_25c30b47cc6efe3f24fdf0ab97c93751
一昨年同様に、お山の日に白山登頂を目論むも
怪しい天気だったため中止に。
ようやくタイミングよく安定した天候に!
仲間数名と開山1300年の白山へ、
いざ、出陣となる。

アマちゃんは何度か白山登頂を目指すもガス地獄だったとか。
ノビさん、うらちゃんは初白山だ!

何としても晴れ男の面目躍如といきたい入山となるが、
登り出しから強力な晴れの念を飛ばし過ぎたのか、カラダの重さを感じた…。
これでは最年長の自分に負担が大き過ぎる!

ここはひとつ、汚名返上のmaeさんに託すことにした!
ガスをよろしく頼む!maeさんにマルナゲドン!笑。


活動時間/9時間50分
活動距離/13.77km
高低差/1,475m
累積標高上り/下り/1,670m / 1,637m
Img_a3eec021071a5caefb614c3df2b39f42
Img_3032398f84a960fd8cfbc1b9777e0c28
Img_942f0e8b861e4929ebdc0c9fc70ce4ee
Img_87710ffc1dcfc25ddaa0409629ba541e
Img_a037bc4e84a0bc760976ec7aefdb1a13
Img_370e9bd8593a26e63bb8d67bba04b836
Img_312d8731e696bcf08878a28cf7bacdc8
Img_3752f53e6ad498c5321e1539a88dbee5
Img_fe4331c6ca81e25a7c5e05ccec8ffe98
Img_7c9a927d0afe5223046eabbfcfaea014
Img_f2270f29b9948d63692e8cbafee41271
Img_63fc4d8adbbaf849295fd8d96a1ef215
Img_5004b362335637aecfd6457587e0a73f
噴火からほぼ3年。
初めて長野県側から登ることができました。
前回は濁河側からの入山。
なんとも美しい様相を見せてくれた印象が強く残る山行でした。

↓このレポは噴火後の翌年、濁河側から登山許可が出た数ヶ月後のレポです。
 (Click!) 

今回はまったく違った感情と印象が残り、
少々複雑な気持ちで御嶽山を見てきました。
剣が峰や二ノ池周辺がなんとも痛々しくも悲痛な気持ちに…。
噴火によって自然形態の変化や山容は汚れた印象を受けるものの、
御嶽山にとっては膿が少々出た感じなのだろう。
しかし、噴石で粉々になった鳥居や石碑が目に飛び込んでくる状況に
思わず亡くなられた方々を深く悼む心持になりました。

合掌。

最後に。
黒沢口からの序盤がキツい!
距離3.7kmで1100mの登りは脚が壊れそ…。
女人堂からは一気に下山!

今回もガイドのこうめさんにお世話になりました!笑。


活動時間/9時間27分
活動距離/11.41km
高低差/1,138m
累積標高上り/下り/1,451m / 1,457m
Img_9a40f4cc32f41df266844831b80d3142
Img_d19dc8b1201b4a2f72a17e4f9b8816f2
Img_041ff387de7640b48f969b5b558362ee
Img_00ff57dadd1dad52b9d26c2feaeed2fd
Img_299056f8c092fd958ef357e0ddff6104
Img_74c206d0ada6b066874508241fe0a02f
Img_e5c268df74a1ca5d8d8bca393c518494
Img_fc2c5f05384fb8f3215d8fb0e37a3576
Img_8c808e0e0e804543754728c9d922d681
Img_8e3b8cd959a4af43f42d71cb39c83985
Img_7ba86889ef73a7b8b087378027119545
Img_096b62abdf8a7f16742afcafc95ccba1
Img_c222d4da896ee95ad1f2d8ea8037c1b1
朝2時。
こうめさんよりLINE。
瑞浪・恵那間が通行止めです!(現在開通)

な、なんと!
一旦下りて19号線を走るしかない…。
多少のロスかと思いきや夜中にもかかわらず
19号線はトラックや長距離バスが多く大渋滞!!(≧∇≦)
流れる箇所もあったが、う…動かない…。

またもや遅れての赤岳山荘駐車場到着。

今回は、先々週に登る予定だった赤岳を
ソロで登ろうと思っていたところのお誘いでした。

お盆休みでは山の日の白山が流れ、
一週間もありながら一度も山に行けなかった
悶々とした気持ちを鎮めるためにもこの赤岳山行へのお誘いは、
非情に嬉しかった。^^
(この日の候補→白山・御嶽山・赤岳)

赤岳山頂はガスガス。
(メットは安全のためにもあった方が良いのですが、
阿弥陀岳の方が断然必要性を感じました)
意外と赤岳はファミリーが多くみえたことに驚きました。
小学校2年生、4年生、5年生の子がいたかと。
それと、高齢者の方々!みなさん元気だわ。^^

少し下りて赤岳展望荘でガスの切れ待ち。粘ること1時間。
物資輸送中のヘリを見ながら時間を潰し晴れ間を待つ。
今回も縦走無くお山ひとつなので時間的には、余裕はたっぷり!
赤岳頂上山荘でまったり。赤岳展望荘でまったり。行者でまったり。笑

山頂からは編笠・権現方面は全く見えずで撮れませんでしたが、
それ以降、時々チラリと見える山容に歓声を上げテンションが高まりました!
後半、気持ちがすごく高揚した山行となって良かった〜!
こうめさん、アマちゃん、今回もありがとでした!
お疲れさま!

*******************************
帰りは飯田山本ICで下りて、ひたすら153号線を豊田方面へ。
途中、力石で猿投グリーンロードに入り、無事帰宅。
あんな土砂崩れが起きるなんて、今年の夏はほんとどうかしてるよ。
山でも気をつけないとね。


活動時間/9時間36分
活動距離/12.50km
高低差/1,211m
累積標高上り/下り/1,299m / 1,288m
Img_4aac1ebef651b97f1278684d6c02a98a
Img_93703e603069fd5b5bf50924b567404c
Img_a08a9170a3be881f49bd74835f8c9c84
Img_0f3ba05d37eb0c8db361ef5032ec727d
Img_f1281761da280641fe78bc66dc8a4999
Img_0b0042d0cfef65a100d2d2fe5d252c4e
Img_e494835a6ed71008e3fa0c2447ad323e
Img_891824fca09277be76fc4ce12357d6f1
Img_ad90422431718507cabbc643e5d9e7be
Img_ac3fd6363c48a5a6987c76add1052a8b
Img_5f41ea57b129662b0cc2ffa495787bbd
Img_28edb40d458b590dbee6382835cbbf71