Img_849f25f6648e9b1575ff511b74773e88
一昨日の蝶ヶ岳の筋肉痛を癒し(乳酸除去)に猿投山へ。
昨晩は伊吹山へ!と決めていましたが、
完璧なる寝坊で猿投へ急遽変更に!笑
まぁ、7時には起きたので伊吹でも良かったのですが、
身体が重く完全に気力が萎えていました…;^_^A
昨晩、吞み過ぎたか…。

雲興寺からは何度か登ったことありますが、
猿投神社からの登り返しだったり、傘さして登ったり…と、
ちゃんと写真山行していないなぁと思い、ちゃんと撮りながらの山行。
登り返しじゃないと比較的脚が動いて気持ちよく登れましたね。
ただ、下りに関しては腿の筋肉痛に痛みがきました。笑。
それも徐々に慣れることに…。
出来るだけ動かして乳酸を除去しないとね。^^;

山頂ではのんびりしないで即行下山!
ソロだとアルプスだろうが何だろうが「即行下山」です。
↑アマちゃんによくせっかちだと言われますが、
当の本人も相当せっかちかと…。笑。
(下山家同士)

途中、沢沿いの山道(階段)辺りで、なんと!
まだないさんとすれ違うことに!
iPhoneがぶるっ!(こんにちは機能作動)ってきたもんだから、
もしや?と思いyamapを見るとニコちゃんマークが!
名前を確認すると、まだないさん!
しかし、振り返るも姿は見えず…。
そこで逃してなるものか!と、
躊躇無く大声で
『まだないさ〜〜ん!』『まだないさ〜〜ん!』
『ま〜だないさ〜〜ん!』『ま〜だ〜な〜い〜さ〜ん!』
4回叫ぶも返事は無し…。
登って追いかける気力も無し…。
ま、やれることはやったので、
そのまま下山。笑。
いや〜残念!

遠目で見た感じがグラサンの風貌でなんか怖そうでしたが、
すれ違うときに、右、左と進行方向を塞ぐ感じになってしまい、
タイミングが合わず…。(男女の出会いかよ!)
そのとき、『すみません〜』という声が
風貌に似合わず優しい声でした。笑。

まだないさん!
気付かずにごめんでした!;^_^A


活動時間/2時間38分
活動距離/7.78km
高低差/415m
累積標高上り/下り/674m / 668m
Img_3279ba9e1381004a66713679d70bd85c
低山の紅葉は場所によっては見頃かも。
Img_fd7c7ad3d816d8f6cded0a2147a11a79
朝の陽射しが気持ち良い!
Img_6e27d3cbbd174e39fba456449d7158d6
杖置き場。キレイな枝。
Img_38ce001daf7b3a5af4d2a84e2a4e1391
ミニリンゴのような実。
Img_513e5d990368903ed34d24be67b8842e
木の階段がきれい。
いつもは猿投神社からのコースがほとんどだけど、雲興寺側もいいね!
Img_688b8bbeb8415da7a2dbe721e3417455
Img_b1af602d8fbe395f8bc63b94f0dfcee2
ここから少し急坂を振り返る。
Img_f81685a435ec458792301b99d5b1fb64
穂高連峰、槍。
10月の「週末台風地獄」に遭い、すっかりご無沙汰の山行。
脚が少し細くなり、体重増。山の歩き方を忘れそうになるも久しぶりの山歩きに心が躍ります。

こうめさん提案。
「是非とも北アの山容を間近で見てほしい!」ということで
本格的に積雪する前の蝶ヶ岳へ行くことになりました!
安定のメンバーに今回はまきちゃん参戦!久しぶりっす!
終始賑やかな女子トークに爆笑しながら素晴らしい眺望に出会えましたよ!
一ヶ月も山に行けなかったストレスが一気に癒され、山歩きが心地よかった〜!
身体はしんどかったけど、涙が出るぐらい、眺望に感動!
ホントありがとうございました!
maeさん!やっぱNO MOUNTAIN, NO LIFE.ですわ!

【三俣駐車場】
夏シーズンと比べると全然空いてました。(たぶん)
6時過ぎの到着でも6割程度でした。三連休でも雪が降ると一気に人が少なくなりますね。(たぶん)

【山道】
急登はそれほど無く、緩やかに登る感じでした。
久しぶりで地味にしんどかったけど、優しい山道だと思いましたね。
でも疲れた〜〜!

【蝶ヶ岳ヒュッテ】
ここのラーメンは絶対に食すべき!
この一言に尽きますわ!

【みどり湖PA】
帰りのお話。
このパーキングエリアで山賊定食もしくは山賊カレーを食すべき!
たっぷりとにんにくを付けて召し上がれ!笑。


活動時間/9時間52分
活動距離/11.31km
高低差/1,400m
累積標高上り/下り/1,588m / 1,576m
Img_ae28854613150987135da04bf368ec04
カラマツの紅葉。
Img_ab96de04d7c6db97a31b6f6eaddc3e22
序盤の急登。
Img_333e357181aae2e45f81f928e4fcf837
蝶ヶ岳名物、ゴジラ!
Img_01a8cebd4703c0313c8303fdc1807d95
ここからチェーンアイゼン装着。
Img_c2a20cd7e274084fc0c2758356591a61
蝶ヶ岳ヒュッテと表銀座。
Img_667b57c1bc734b8945138878121e7aeb
まきちゃん、フミヤへのオーマージュ!笑
Img_89e9dc3c465ae9ec69ade4942165c22c
アマちゃんと奥にこうめさん。
Img_4a0656ff25f7c626cd05e28c8bc3f5f6
焼岳、乗鞍。
Img_a013e6ba9a1091996e98a3b5c12bd7d6
ヒュッテのラーメンが極ウマでした!
Img_3cb759eaea3414629949910810045efd
蝶ヶ岳ヒュッテ内。
Img_ebe4c67ec0b69625171560b9afdf4b22
伐採されたカラマツ。
Img_853613c822fee2bae8c9e2c594fdda6d
静かな山道。もうすぐゴール!
Img_d9ba4edafb2ccaf8bc839f5ab6392018
仙丈小屋からかなり下りた地点より。一番奥のてっぺんは山頂。
今年、夏秋のミッションでもあった、初南ア・初3000m。
南アの女王、仙丈ヶ岳を登りたい!
…の強い想いが実る。

そして、明治亭に行きたい!(2度目だが…)
下山後の重要ポイントなのだ!

今回も安定のメンバーでのんびり写真を撮りつつ
気持ちよい秋晴れの空の下で仙丈ヶ岳を楽しめて良かった。
この日、超ご機嫌の女王様に感謝である。


【仙流荘・駐車場】
朝2時過ぎに自宅を出発して朝4時半前に到着。
余裕と思いきやクルマの多さに驚愕!な、なんじゃこれはっ!
下の駐車場は既に9割以駐まっていた。
人、人、人、人、人!!!!
北沢峠を拠点に仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳のふたつの両雄はあるものの
ちょっと激混み過ぎやしないだろうか。笑。さすが人気の百名山!
こうめさんアマちゃんは23時に着き車中泊。
4時から並んでもらってバス往復チケットを購入。
ありがとう!お二人には感謝感謝である!
並んでる時に、きょんさん、まきぷうさんとお会いするも、
ゆっくり話せず、ほんとすみません!
北沢テン泊されることのこと、良き山行を!


【コース】
小仙丈ヶ岳を目指すコース、小仙丈尾根コース?から入山し、
仙丈ヶ岳山頂を通過して、仙丈小屋を経由して薮沢重幸新道コースで下山。
この帰りのコースが紅葉もあり沢沿いならではの谷の様相を堪能できた。
ただ、沢沿いなのでガレ場が多く歩き辛い。
下山しながら甲斐駒ヶ岳が正面に見え、紅葉と相俟って楽しいが、足場が悪い。
甲斐駒ヶ岳が見えなくなると同時に樹林帯に入り、山道は歩きやすくなる。
大平山荘が見えたら、北沢峠はすぐである。
とにかく撮影ポイント多過ぎ!笑。足止めコースである。


【感想】
さすが女王!山容の美しさ、カールの美しさは素晴らしい!
小仙丈尾根コースでは何度も振り返り
甲斐駒ヶ岳や富士山、北岳、八ヶ岳、御嶽山、乗鞍、北ア、中央アを何度も撮る。
立山方面も薄ら辛うじて見えた。眺望の素晴らしさは流石南ア。位置的に最高である。
下山の薮沢重幸新道コースは行きと違い沢沿い歩きは楽しかった!
眺望は無いものの紅葉する斜面や滝などを見られて飽きのこないコースである。
特に甲斐駒ヶ岳を正面に捉えつつ下れるのは良かった!
少しガスったが、それも一興。
素敵な山容がさらに神秘的になり女王のおもてなしに感激である。


【下山後】
仙流荘の温泉は混み合い必至と思い、
こうめんさんが機転を利かせ少し離れた温泉へ!
ゆったりのんびり疲れを癒し、明治亭へ。笑
本店では長蛇の列を見て諦め、
管の台バスセンター近くの明治亭へ。
少し並んだが、カツカレーを堪能し帰路へ。

こうめさん、アマちゃん、今回もありがとでした!
「多治見あられ」をいただきありがとね!あれは美味いわ!笑



活動時間/8時間6分
活動距離/9.15km
高低差/1,067m
累積標高上り/下り/1,214m / 1,222m
Img_28a8079b637c0fdd21935e95e460bb37
白木が目立つ美しくしっとりした樹林帯。
Img_aaaeb61d41d3f8e29f6dbdfcfdb8a856
甲斐駒ヶ岳の雄姿。
Img_c471d7fe420445931b169595584dc036
小仙丈ヶ岳。
Img_c25ec71abb734e5fbc74c46cc5c91e4a
小仙丈ヶ岳の南斜面の紅葉。
Img_449404cecf3870a5550b350dcca93066
富士山を逆光で。
Img_6b14bb2a771098a61a699d48fe26a725
小仙丈カール。
Img_be32ddb1eca0b387d1aad5a5716c91ae
ナンバー2の北岳とこうめさん。
Img_204832d819309242cb041566dc407024
激混みの山頂。
Img_58d8dccf2eeafecaff5183d2dcb2042f
雲の隙間から甲斐駒。
Img_e043851a2202abbbd17ff09dccb467d0
金色の枯れ草。
Img_cd6b4625c20a6733bc152fcdd0cc7d85
下山は藪沢重幸新道より。
Img_aeb721bad0cbf6d53aaa6de594ebb9ae
紅葉と甲斐駒。
Img_db20fe6890ceb4cc4fc4a1106f3a312a
遡る事、5月。
こうめさんがソロで赤岳→横岳→硫黄岳の縦走を完遂。
コメントのやりとりで
アマちゃんも行きたがってるので登りましょうと、
約束を交わし今日に至る。

まずは、このシンメトリックな軌跡を辿れたことに感無量!
ガスも無く眺望も最高だった!
楽し過ぎる山行にシャッター音が響き、
歓声や笑い声も絶えず、楽しい時間を過ごせた事…
みんなに感謝である。
そんな貴重な時間はあっという間に過ぎる。
(以下写真参照)

【ふじなおさん】
腰を痛め山から離れていたふじなおさんがリハビリを経て今回参戦!
こうめさんとのダブルシェルバーだ!笑。
復帰、間もないのに足どりが軽やかなでアルピニスト・チャゲ…いやふじなおさんの風格を感じた!
急坂のガレ場でも安定した歩行。まるで水面を歩くかの如しだ!静かで安定している。そして速い!
コツは?と聞くと「体幹で歩く」だそうだ。
意味不明。できねぇっす。(≧∇≦)
もうアルピニストから仙人の域に達したのか!
恐るべし、チャ…いや、ふじなおさん!笑。

【硫黄岳山荘】
ここの気まぐれカレーは極ウマ!
なんとも言えない深みのある味と柔かな肉が最高である!
ラーメンもアマちゃんに少しもらったが、汁がたまらなく美味かった!
あぁ、ここに泊まりたい…。^^;

【偶然の出会い】
北沢コース下山途中、
なんとyamap仲間のtsuruさんと
初めましてのSawaPさんに会うという嬉しい偶然が!
団体さんツアーでみえていたのでのんびりできずで写真も撮れずで残念!
日曜も良い天気で良かったね〜!
西穂の時といい、yamapのおかげで日本が狭くなってきたことを感じるよ。笑



活動時間/11時間28分
活動距離/15.07km
高低差/1,205m
累積標高上り/下り/1,746m / 1,737m
Img_c8e4832b92f3d48c250646747b4ceb6e
いつもながら雰囲気の良い樹林帯です。
Img_c853d70d7354d0668d96425ef7331207
切株に苔。緑の星たち。
Img_2cf3a52388bf643a18cde1eb79ba5e23
中岳と阿弥陀ヶ岳
Img_4b47fe17bad38494502eda7b8d2f08bc
赤岳山頂。お馴染みの標識。
Img_ed3997540cbb38f0e5a60054a485ddd6
横岳へ向かいます!
Img_038395a24664b3a1745ed5a30a048c35
ふじなおさんと富士山。
Img_0a682e3a8ab55080883a12185f97ff37
横岳通過!
Img_8455ede6e97975e89d46ba9950f81c96
大同心の背中!迫力あります!
Img_f7a4d655c32e2c5505e686e7529ec80c
硫黄岳山荘でまったり。
Img_2551812a261c724690d86866565d4cda
硫黄岳山頂へ。
Img_f207697ac9be52f8cbd3be1930fc34bb
迫力の爆裂火口。
Img_3ae1c6cfff149e32f021e5aa1cff5ae3
赤岳鉱泉へまずは下山します。
Img_b87132b01f45bece4383018748c074c4
P1より撮影。西穂高岳山頂。
先週、台風で流れてしまった西穂行きを決行!
自分にとっては初西穂。
岩稜のアップダウンにバテたけど、楽しかった!
ガスガスの中で時々チラリズム的に
穂高連峰の一部が見えてテンションアップ!
こうめさん、アマちゃん、maeさん、いつもありがとね〜!

初めてのお山は新鮮でした♪
もっと岩稜に慣れたらもう少しラクに登れたり
下りたりできるんだろうな〜と思いましたね。
山容は少し紅葉仕掛けていて色味ある山容を見せていました。

下山時に、おりえさんとLEEさんと山荘で遭遇!
終盤にテンション上がりみんなで盛り上がりました!笑

帰りは平湯の森&国八食堂にて心身共にリセット!
お疲れさまでした!


活動時間/8時間48分
活動距離/7.91km
高低差/773m
累積標高上り/下り/1,016m / 1,018m
Img_5595e0b89cd63d3acb464953221b0ebb
まずは丸山へ。
Img_c5eab0d1996dbcfe4a9b26031df9357e
独標とピラミッドピーク。
Img_61af5ef0b12c6f6afabfc2a516bf1944
高度感抜群!
Img_221cadf90627d5fa71cbd41d9026eac1
小さいピークを越えて…
Img_a84d95aef9b0a237fe7002c4cdac35a8
西穂高岳山頂!はじめての西穂!感激です。
Img_cc582c10f71be2bfc467641b8d20146c
歩いて来た道を振り返る。
Img_2b3e8f961b07f32c652cafaa613f1d19
ジャンダルムはガスの中。高いな〜。
Img_6ca5bed12e37dc0242c5b60fd115af6b
P1よりカールを望む。
Img_cb4466be7724910a2800c129d70adcf8
Img_fea8eaaa7dc926d05d49ad6c3ef7370b
さ、下山します。
Img_5da4510c5ce165690570411eb27bbf23
西穂を振り返る。
Img_9d06f16ff956cc850c647c3e0d9f4abc
ピラミッドピーク。