Img_c222d4da896ee95ad1f2d8ea8037c1b1
朝2時。
こうめさんよりLINE。
瑞浪・恵那間が通行止めです!(現在開通)

な、なんと!
一旦下りて19号線を走るしかない…。
多少のロスかと思いきや夜中にもかかわらず
19号線はトラックや長距離バスが多く大渋滞!!(≧∇≦)
流れる箇所もあったが、う…動かない…。

またもや遅れての赤岳山荘駐車場到着。

今回は、先々週に登る予定だった赤岳を
ソロで登ろうと思っていたところのお誘いでした。

お盆休みでは山の日の白山が流れ、
一週間もありながら一度も山に行けなかった
悶々とした気持ちを鎮めるためにもこの赤岳山行へのお誘いは、
非情に嬉しかった。^^
(この日の候補→白山・御嶽山・赤岳)

赤岳山頂はガスガス。
(メットは安全のためにもあった方が良いのですが、
阿弥陀岳の方が断然必要性を感じました)
意外と赤岳はファミリーが多くみえたことに驚きました。
小学校2年生、4年生、5年生の子がいたかと。
それと、高齢者の方々!みなさん元気だわ。^^

少し下りて赤岳展望荘でガスの切れ待ち。粘ること1時間。
物資輸送中のヘリを見ながら時間を潰し晴れ間を待つ。
今回も縦走無くお山ひとつなので時間的には、余裕はたっぷり!
赤岳頂上山荘でまったり。赤岳展望荘でまったり。行者でまったり。笑

山頂からは編笠・権現方面は全く見えずで撮れませんでしたが、
それ以降、時々チラリと見える山容に歓声を上げテンションが高まりました!
後半、気持ちがすごく高揚した山行となって良かった〜!
こうめさん、アマちゃん、今回もありがとでした!
お疲れさま!

*******************************
帰りは飯田山本ICで下りて、ひたすら153号線を豊田方面へ。
途中、力石で猿投グリーンロードに入り、無事帰宅。
あんな土砂崩れが起きるなんて、今年の夏はほんとどうかしてるよ。
山でも気をつけないとね。


活動時間/9時間36分
活動距離/12.50km
高低差/1,211m
累積標高上り/下り/1,299m / 1,288m
Img_4aac1ebef651b97f1278684d6c02a98a
Img_93703e603069fd5b5bf50924b567404c
Img_a08a9170a3be881f49bd74835f8c9c84
Img_0f3ba05d37eb0c8db361ef5032ec727d
Img_f1281761da280641fe78bc66dc8a4999
Img_0b0042d0cfef65a100d2d2fe5d252c4e
Img_e494835a6ed71008e3fa0c2447ad323e
Img_891824fca09277be76fc4ce12357d6f1
Img_ad90422431718507cabbc643e5d9e7be
Img_ac3fd6363c48a5a6987c76add1052a8b
Img_5f41ea57b129662b0cc2ffa495787bbd
Img_28edb40d458b590dbee6382835cbbf71
Img_05de10f3a64c50a1a97f4e6ec2ade0e9
まずはじめに…。
集合場所に遅れてごめんなさい!
いつも一番乗りの自分が凡ミスでスタートが遅れる事に…。(≧∇≦)
今日一番の反省である。
八ヶ岳山荘での分岐を見落とし、別荘エリアを延々と周回することに。
もう半べそかきながら両親を探すクソガキである。
あぁ…情けなや。

赤岳山荘から行者小屋。
緩やかな登りを約2時間強。長く感じた道のりである。
朝の冷たい空気感と時々流れる風と苔むした山道に癒されながら歩く。

行者小屋。
宿泊、テン泊する登山者の賑わいの場。
そして、Mammutロゴマークの存在感がここでも際立っていた。
今日は10時からギョウザを2000個?焼くらしい。
一皿500円(5個)。ギョウジャでギョウザ祭りとのこと。笑
早く下山してこれは食わねばと3人の目が光る。

阿弥陀岳へ。
まずは中岳のコルを目指す。
緩いが地味にキツい。高度はあるのに涼しくもなく汗が滲む。
コルに着くと阿弥陀の斜面が立ちはだかる。
赤岳より登り辛く、急な九十九折り部分はガレ場で落石要注意だ。
登りより下りに神経を使うことは一目瞭然。こりゃ厄介だ。
何故かここでアマちゃんのテンションが異常にあがる。笑。
岩場がそんなに好きだったとは…。;^_^A
山頂で軽く食事をして下山。
やはり下山はストレスだった。
脚の置き場に気を遣うあまり脹脛が攣りそうになる。笑

中岳へ。
赤岳は次回持ち越しに…。
スタートの遅れと体力的に時間オーバーの予想で断念。
この時点で頭ん中は『ぎょうざ』である。
今日はこのままピストンで行者小屋へ向かっても良かったが、
少し時間もあるため中岳へ。
道中はガスが立ち込めほぼ眺望無しに…。

文三郎道。
中岳を下りて、赤岳方面へ登る。
分岐から行者小屋を目指し下山。
またここがクセもの階段で、石ゴロゴロのガレた階段である。
思いの外、ここでも時間が掛かる。

行者小屋。
小屋が見えたとき、嬉しくて泣きそうになる。笑。
オアシスとはこのことを言うのだと思った。
早々に席を確保し、ザックを置きギョウザ焼き場へ!
ノンアルとセットにして、乾杯!
そろそろ出発しようと用意している時、
大粒の雨がボタボタと降り出す。
土砂降りではないため、急いで下山。

駐車場までが長い長い…。
3人とも脚が上がらず疲労困憊。何度もガレ場で脚をとられる。
これも夏の暑さのせいだ!と言い聞かす。笑
楽しかったが、久しぶりにバテバテの山行となった。

当然、その後は温泉と飯っ!^^(諏訪SAにて)
そして帰路へ。
お疲れさまでした!



活動時間/9時間5分
活動距離/11.82km
高低差/1,136m
累積標高上り/下り/1,492m / 1,432m
Img_896e098083a9c7d5c93575c21b6cac7e
Img_d2ca0a6e1a897f5b4d1d29291a83ca8a
Img_34e51d7f86df73cbf1251325dda9afba
Img_b22eea4f1e210ec24e40884f396eadb3
Img_f98cf4de954f03036d2e05517d850f1d
Img_3bf2d0cde1414074a3db69637f4f785a
Img_818eef14bc3a3ec5d31e604d1e0e203e
Img_ada0243ed2c1ab69744791634e0180f4
Img_252e186f743f9acb0eac79493437586a
Img_e28d3f93ba1300cef88df681551a6aa4
Img_0f20a1485e14e3b5e385e7a0b4ae7696
Img_01c22272d43335e6f3121cd7ee114e3c
Img_936cc94557b8ea5857819076a1c90254
3連休初日。
今日も本来ならばソロで北横岳周辺を歩こうと思っていたところ、
こうめ夫妻とノビさんと登ることになって嬉しい山行となった。

初めて歩く、坪庭→北横岳→縞枯山→茶臼山→坪庭。
北横岳にて眺望を堪能し、縞枯山荘にて珈琲タイム(まったりし過ぎた…)。
縞枯山と茶臼山で撮影大会と楽しい時間を過ごせたことに感謝!
午後から陽射しが消えたものの、眺望はよく楽しく歩けた北八ヶ岳だった。
それにしても、高低差も累積もそんなに大したことないのに、
先日の荒島岳よりしんどかったと思うのはなぜ…。;^_^A

帰りは例によって蓼科温泉で、まったり寛ぎ&駒ヶ根SAにてカツカレー!笑。
睡魔に襲われつつ帰路へ。

雪山はあと何回行けるかな。^^


活動時間/6時間8分
活動距離/8.66km
高低差/320m
累積標高上り/下り/642m / 653m
Img_880b460e0eeb0a827c1b899562293d69
Img_52dbda6fb3a78b67b09206dbdba27985
Img_7e2884becd5fd8960a629cf8049873e1
Img_1c999b0792d27425910dcc30d11a493e
Img_730c55abe6d62c2371306c30b9b70acc
Img_3425848a3b2d0f5ef94f066aa22efd43
Img_130859f873b738e34722f6cce2a5b6d7
Img_0c1f8afc7e0621ff07320450e84178e1
Img_f9a169e70d15d48ef194552542e7b2d0
Img_25f9dfb42fd118c2e5c6ae684c3d29f3
Img_d63a8b9c2786b1cf22e3454d1015f639
Img_247ba5668c81715f78f97c4202830c5d
Img_0c23769a8b37918eac3bf3a04c039b07
爆裂火口
当初、オーレン小屋を金曜日に予約しており、
硫黄、横、天狗とのんびり山行を企てていたが、
土曜の天候が荒れる…とのこと。
前日にキャンセルして金曜一本で硫黄岳と横岳へ。

硫黄岳も横岳も楽しかった!
カミさんと編笠山へ行ったときはガスガスで眺望無しだったが、
赤岳、阿弥陀、横岳の揃い踏みを間近で見ると迫力あって感動!
今日も楽しさ満載の山行で良かった!

【桜平】
早朝3時起きで3時45分頃出発。
高速を走りながら朝飯を済ませ、諏訪SAでトイレ休憩。
桜平に7時前到着。
しかし…噂通りの荒れ道!クルマは上下左右に揺れザックの熊鈴鳴りっぱなし!笑
距離としては短いが、低速運転をどうしても強いられ長丁場に感じてしまう。
幸いにも行きも帰りも対向車は無かったが、
場所によってはかなりバックしないとすれ違うのは難しいだろう。

今後、駐車地拡大や道路整備などの話があるという。
有り難い反面、自然はどうか穏便に…。


活動時間6:49
活動距離12.45km
高低差937m
累積標高上り 1,204m 
累積標高下り 1,192m
Img_4752c78ade313b59a28bb7173a8b6d4f
Img_c2494ab7233e649dcb053fee6009aad1
Img_78a324d0255744175dfa2437555101dd
Img_9ca066c9302cfcb99f1c8524368bbc8c
Img_82a85bd868d8ac318e9867ec639317d1
Img_ffd089b43b4589e2f5420d00c83bb196
Img_fa22f403b85a0cd3022d43f0db2db134
Img_c1424a89d70fe0391e3147c8140ae769
Img_2d7f7fcfb4e3f63ce3b129dd7bbf38c3
Img_658948e11c89463a80aaced11d46b1b4
Img_d69d9b6edeebd038b62cf9b9d9b8d5d4
Img_74a7ea0b1dcb358252af03d194bb4eb1
Img_beed628fd1c195e27afdfcfa095dc17f
山頂とカミさん
活動時間7:03
活動距離7.64km
高低差958m

先週から南八ヶ岳の編笠山、青年小屋、西岳を狙っていた。
快調であれば権現岳まで行こうかな〜と。
青年小屋では人気のカレー食って、まったりしようかな〜と。
そんなソロの気軽さを思い描いていた。

その前夜にカミさんが
カ『明日どこ行くの?』と。
ヨ『南八ヶ岳だよ』^^
カ『私も行こうかな〜』
ヨ『え!(;゚Д゚)』

1年ぶりだろ?
暑いけど猿投山や八曽山・鳩吹山・賤ヶ岳を提案するも、
八ヶ岳へ行きたいと…。(≧∇≦)

予定変更。
編笠山のみ!そのままピストンコースだな。(≧∇≦)
時間があれば青年小屋へ寄ってみるか…ぐらいの感じで出発。

案の定、
序盤の緩やかな山道ですら立ち休みをする始末…。
「雲海」を過ぎたあたりから石がゴロゴロ。
山道斜面もキツくなる。
押手川分岐以降は更にキツくなり、
トレッキングポールに身を任せての休憩の連続だった。

堪り兼ねて
「下山する?」と聞くも山頂まで行くと言う。
昨年。宇連山や大川入山などでは、僕より早く登っていた面影はまったく無い。
1年のブランクはやはり大きいと感じた。

正直なところ編笠山の山頂直下の急斜面は、
鈴鹿の入道ヶ岳(北尾根コース)よりラクに思えたぐらいだ。
しかし、カミさんは息を整えるのに必死である。
脚はまだ動くも息切れがしんどいらしい。

結局、自分がやりたかったことが一つも出来なかった。
一番の目的のカレーが食えなかった。
青年小屋に着くなり、もう下山したいと…。笑。
休憩も多過ぎて登った気になれなかったが、
ま、今日はよしとせ。^^;

無事に山頂まで行って下山できて良かったと思う。

一年ブランク。
資格試験に挑むために土日を勉強に費やしてのブランク。
そして、昨日めでたく合格しての山行である。
時々、ウォーキング等で汗を出していたようだが、山は一年ぶり。
ストレスでアトピーが酷くなり、運動不足で体重増加。
このコースで5時間〜6時間ぐらいかな?と思いきや7時間。
元に戻るまで相当時間を要するだろうな…。^^;
Img_c358b6e52c68270c40c800cec4fbd72d
人の横顔に見える岩。
Img_04e80b1c0233333b17d892db8186d746
今日も富士山がお出迎え。
Img_3491ada5df8816aa4c9025f2843e01b1
Img_51e0dbbc7576e522d06e828c0eb12e98
この樹林帯がたまらん!
Img_f19f126af8d02e3d2d715cc2949528e0
南ア
Img_deb36946a3e9aba85568afd7bd575320
ブナの原生林が美しい!
Img_69e1a4bd6074a5d57db054f1cd1e13c0
Img_86d3e12901bdfde46ee5aa499cde140b
シャクナゲ。
Img_f8b8357f29609ed7216ba28cf4de8e1d
ゴゼンタチバナ
Img_9750fa77b099cee6591d6849cdafd529
青年小屋
Img_1ca6248478c97b0eedd4883f4ea23102
ラブランコ
Img_8aabdfd7f60997bc42d0ee6ce3886747
お馴染みの赤提灯