Img_7850e78b5ca9391fa32f3a54ec0711ae
今回もこうめさんに誘われての山行。
そして、鈴鹿山系を初めて登るペコちゃんをサポートすべく参戦。

釈迦を裏手の八風キャンプ場より入山するコースは、初めてでした。
この季節、アカヤシオ、イワカガミ、イワウチワが良いとのこと。
それに稜線歩きも味わえるというコース。

山頂以降の稜線は気持ち良かった!
ほどよい気温に風は体感的にもジャスト!
気持ち良すぎて眠くなる始末。笑。
歩いていてこんな気持ち良いのは久しぶりだね。
鈴鹿のお山で釈迦ヶ岳が一番好きだけど、更に好きになったよ。

ただ、山頂手前まで、しっかり踏まれた山道があまりなかったような。
突然、岩が現れるような、ワイルドコースの印象。
初めての人はひとりで入らない方が良いかもね。
マークを見つけづらく道迷い必至ですよ。^^;
Img_11da8cd7dc439de86cff3fe329de801e
Img_f6d609ec33065a837f53d20b32fb4d58
Img_89fbd199c3fb0de35a7b14424ca08766
Img_74d4faeb40c1d062019d465ea74f46be
Img_634d392042c48a69880b6adbed6a934a
Img_85bedb0334d8768995d29064699ca1a0
Img_52e236cc8c0306b001986ce9b125e8e5
Img_08e800c9cf9154ae13e38886130fce8b
Img_af7221a1a9e4f3c4ad697c5e98a3ae77
Img_1f237e61d1a5a95dcab2204fed2f23ff
Img_42246b224507d6c2de163455fbe8b465
Img_fd5f5176031f348a37f5268258f78bde
Img_c1d76ad0b7b7aef10ca0dab51d7be6c1
2017
あけまして
おめでとう
ございます

ことしもよろしく
おねがいします

三が日。
滋賀に帰省し当然ながら飲食い三昧。
2日から登っても良かったが、
なぜか気分が乗らずダラリンコの三日間。
カラダがダル重ぉ〜の4日。

ラスト休日。

初登りは伊吹山と決めていたが、
伊吹薬草温泉が冬期営業になり平日はお休み…。
温泉&ノンアルが無いなら更に近場の入道ヶ岳へと変更。
自宅よりジャスト1時間のお山だが、
登山口には椿大神社がある。
まだまだ正月なので初詣客の渋滞を回避するため
早めに出掛けることにした。
駐車地に7時過ぎに着。
登山者専用駐車場は自分含め2台。
神社側の駐車場は既に6割埋まっていた。
さすが椿大神社!有名神社は違う。

今日は脚が動かずのんびり登山となる。
でも、山はいい。
低山でもいい。
静けさと空気感が違う。
ただただ、それだけで自分はリセットされる。

今年も入山するときの緊張感と
その日だけに魅せるお山とのコミュニケーションを大事に
登りたいと思う。

NO MOUNTAIN,
NO LIFE.


活動時間/3時間30分
活動距離/6.68km
高低差/718m
累積標高上り/789m
累積標高下り/787m
Img_918daa77866dd19799ef8112e88eccee
Img_2f16affd2f3147349cf2ddd75f59a9bb
Img_7dbe42c99074f88b748d5c231b57dd30
Img_9f80ea04edf52c23b5b190fe7fb79a38
Img_74cb48e51f110594363acf201c2ab07a
Img_a157a4e1dbdaecc9f8c1c66d596f0738
Img_558f45bb0b54c0735d5e66bebb17cfdb
Img_a161fc05e8d16868112d60d25277e3bd
Img_ee3bcbc39bd5c64ee14959ab6dbf94ab
Img_7531a4525c1c8af617238de475e400dc
ころ助さん企画にお誘いを受け、久しぶりの御池岳へ。
23日の今日はぐっと気温が下がると言われていたが、
朝方だけの冷え込みだけで、さほど寒さ対策すること無く入山できたが、
今の時期はレイヤー調整は必須。何度かウエアを着る脱ぐを繰り返す。
天候も雨や雪も覚悟していたが、晴れ間も出る好天となる。
自分含め、晴れ男・晴れ女のパワーで、
空気も澄んだ気持ちの良い天候となり最高の眺望となった!
今日の御池岳は初めての方にも2度、3度の方にも最高の御池岳山行となったことだろう。


累積標高上り 1,029m
累積標高下り 1,039m
活動時間7:22
活動距離9.70km
高低差711m
Img_1fe8176d381e5c3ffb3b85d5c70e6edf
Img_6237ee41c24f8e58a789d5b5f3e7825b
Img_5cdded1801865998d5ddbbd0f879982d
Img_79e70697ada54dd2f21e1c742b98e034
Img_bae78ae0bbf0025f35e56eb5d85a771f
Img_efef0ecfe66c9dd90a4bfd7e67947d15
Img_900c225a3145826d7d26388cb5feab95
Img_01a2e1525bcfb1d943fcb07b42f5c94f
Img_69f98f2ad94abd192242b04a54d0acc4
Img_bf38b19628298b5c22ff782266cc74b3
Img_acd0a53ebd544b148e4960efe46344e5
Img_a0e29fda8eab0a14d14c097485c03f86
Img_730f10e1526ec5d047b4e085ddbf2656
こうめさんより、カメラ山行しません?とLINEが入る。
何ですと!カメラ山行!行く行く!と、
忙しい中でどうなるかわからない中、即返答!

久しぶりにsachaさんにも会えることと、
お初の方々と参戦できる楽しみ!
しかも写真好きと聞いてテンションアップ!

カメラ山行と言えば昨年の藤原岳を思い出す。
通常タイムより2時間プラスは当たり前だ。
なんとか土曜日が晴れることを祈り、
晴れ男の面目躍如。
見事雲一つ無い好天で釈迦ヶ岳へ!

初の庵座の谷コース!
変化ある釈迦ヶ岳が、さらに変化ある楽しいコースに!
そして、みなさんの写真に対する思いがすごく新鮮で勉強にもなったし、
被写体に居座る時間が至福だった。
いつもは200〜300程度の数を撮るが今回は500。
彼女たちに影響されたのは明確である!
機会があればぜひともまたカメラ山行をやりたいと強く思った。
釈迦ヶ岳になんと7時間!楽しかったひと時を物語ってますな。笑。

下山後、こうめさんとsachaさんと近くの温泉へ小一時間ほど。
ノンアルと梅ジュースで締めた釈迦ヶ岳であった。


累積標高上り 826m
累積標高下り 833m
活動時間7:03
活動距離8.53km
高低差666m
Img_d6a9e908e1374471bb90f03b418a1713
Img_449735b51bb7ef5091edc785a3905f71
Img_0da0dcd2964fddda5ccf161d8f4e862e
Img_302f92601dbe7cd441af30df4505b575
Img_91ad6c8a75d71678853348daab87b1db
Img_d4d6f8bd04abfbfd07830116c1604984
Img_b662a8a08f198e3512febbfdfd75809f
Img_30ec9dd0c04f6f195e0c1a5fbf979b74
Img_452938499ec331315f7f8f224a20c808
Img_394c7ae44406c116eb0eb8e6bd7755b0
Img_1de6979d01c9f2d51cb4e76774884e5d
Img_13722f7dddec8613d0b7ac1aedae0343
Img_0e90f6db26e7781a8e5839a99bea2b59
天狗岩の頂
特に紅葉や滝や花があるというワケではないのですが、
前日の夜、なぜか藤原岳へ無性に行きたくなってしまいました。笑
久しぶりの秋晴れの空の下、気持ちよく歩けて良かったです!
近いお山は朝がラクチンでいいね。^^
朝、6:00着。クルマは3台のみ。
下山後も珍しく空きがありました。
時期的に中途半端かもね。

今日は、
裏登山道(聖宝寺道)→藤原山荘→藤原岳→天狗岩→表登山道(大貝戸道)
そして、阿下喜温泉 あじさいの里へ!
露天風呂が新設されてました!少々狭いけど、の〜んびりくつろげますよ!
風呂のあとはカツカレーとノンアル!
藤原岳のバッジもここで買えるんですね。知りませんでした。
 (Click!) 


累積標高上り 1,172m
累積標高下り 1,149m
活動時間5:12
活動距離10.55km
高低差1,014m
Img_72df710393abe178d3cc86c6e7a857ec
十月桜
Img_2ca137d3c3cf39df139299e88597254e
朝陽
Img_8f5e4d5ecb28319d190ad86569580ca6
いなべ市方面
Img_26600c5da564d6d77df5a99e4f49e60b
Img_51a5f091a9519bda1f64242431e458c3
Img_0896e212f239efdb952600d0818f2541
山頂
Img_ff96e89b6199cfa562715a2db02b6c95
Img_cca3c7e38b00323daede9d98d6d21f3c
Img_2706d3259d9e8b8c0aae788bfdb84a24
天狗岩への道中振り返る