Img_9ba5993c2114326ce4edb3d00dc12a42
この時期の天候は読めない。
土曜は100%に近い雨模様とのことで日曜に山行を決める。
(意外と土曜日午前午後は良い天気に…)
日曜は何事も無ければペコちゃんがお山に行ける日でもあり、早速お誘いすることに。
いくつかのハードルをクリアされての同行OKとなる。

前日、てんくらや他予報見ると、14時以降は雷雨に注意とある。
朝は早めに登り早々に下山を決めて、いざスタート!
しかし、ワンちゃんの誘惑。花の誘惑。ガスった山容の誘惑。ノンアルの誘惑。そして、最悪の高湿度…
などが、予定を狂わす。
3合目時点で降参である。下山して温泉に入りたい気分になるほどの湿度にココロが完敗。
既に温泉と月見ハンバーグとノンアルが脳裏を過ぎり10本中4本の心が折れていた。
普段、8合目あたりまで一気に登りそこまでの水分補給は一口二口程度だが、
そこに至るまでに1本半飲んでしまった…。汗が半端なかった。

湿度、暑さ。
これぞ伊吹の魔物である。
人気のお山とは言え、遭難者多数のお山であることを
再認識した次第である。

その中でペコちゃんはよく登ってくれたと感心する。
山はこうめさんと三人で登った釈迦ヶ岳以来。
なんと3ヶ月ぶりの山行だ。

1時間強遅れでスタートしたmaeさんたちと7合目あたりで合流。
山頂でランチ&ノンアルで談笑しつつも、まきちゃんのメガネ操作を開始する。
どの小屋もメガネの忘れ物、落とし物は多かったが、
見つからず、ミッション完遂ならず。まきちゃん、ごめんよ〜(≧∇≦)

下山は案の定渋滞となる。
そこを抜け出し一気に5合目で全員揃うまで、アマちゃんと待機。
自販機ではなくお店でペットボトルを一気に一本飲む。
(自販機は240円。店の中は190円)

集合した後、それぞれ休憩し、下山。
途中三合目で網の中へ入り花を愛でる者、そのまま下山する者に別れ、
再び1合目で合流し、みな無事に下山。

下山後は激混みの薬草温泉へ。
そして海鮮丼屋へ直行し、食後解散。
各自帰路へ。

その晩は、伊吹の暑さと酒で頭がガンガンしてしまい爆睡!
写真選定もせずバタンキューな一日であった。



活動時間/8時間0分
活動距離/9.77km
高低差/1,165m
累積標高上り/下り/1,171m / 1,138m
Img_c6904c78eecb8faab1596103383e6a20
Img_4d9eb24333c80a0d0c544c2587a38ced
Img_a2e59d7c10a660bcbb5b460e35b04346
Img_ce396557b6bf1433e8869263596d2369
Img_ed296da4b6663b15eea88a5280cdb3eb
Img_95005f61cfe718cb1def72994062a4c0
Img_debf9f55176420e3e60f49c087902422
Img_7645bdfad231e50b9e5993603caac738
Img_bbf97430e66091b932c0a11d394ebb22
Img_101a3b7b1dbbaee9d02dfe9b34af8bf2
Img_26b793252825eff3794d1be3b282e8ea
Img_ada3beaa4a018b8663df6fd33bbab329
Img_86b5f560bc53e311380a20e611610e44
GW。3日帰省。
帰るなら伊吹か霊仙か里山かと、どこをチョイスするか悩む。
近場に温泉があるところ…で伊吹を選ぶ。
GWの中盤スタートもあり混雑を予想し早めに出掛ける。
案の定、午前中には関ヶ原周辺で大混雑だったらしい。
今日は6時半からのスタート。民家さんの駐車スペースもいっぱいだった。
さすが人気のお山とGW。早めに出掛けて正解だった。

入山直後は身体が重く感じペースが乗らない。
登りだし序盤で何とチーム岳の諭さんと出会う。
何度かレポ上でお見かけしていることもあり、すぐに気付き声をかける。
少しだけ立ち話をして握手して別れる。
しかし、ナイトハイクされていたとは!凄いな〜。

1合目からは身体も動くようになりレイヤー調整することもなくそのまま2、3、4合目へと向かう。
8合目で少し休憩をして、一気に山頂へ。
山頂手前には大きな雪渓あり。その雪が融けどろどろの山道を少し歩く事になる。
登りは良いが下りでは要注意。転べば泥だらけになるのは必至である。

下山途中にkakoさん親子と偶然にも会う。
お互いに撮り合いっこして別れる。
久しぶりだったので、登り返して飯でも一緒に食えば良かったと後悔…。

その後は、早歩きで駆け下りる。

そして、登山口手前で、
chibyさん&do_debyさん夫妻に会う!
彼らとはサイト、カメラ繋がりで、なんと10年!そして、はじめまして!なのである。
山では使ってないが、革のカメラストラップは彼女が制作したものだ。
旦那さんと僕は同業。
山を始めた事をFacebookで知り、
いつか山で会うかもね!と話した事もあり、
まさか現実に会えるとは嬉しいもんだ!
最後、さらにテンション上がって無事下山!良かった〜!

今日は本当に出会いが多く最高の伊吹となった。
また、いい思い出がひとつできた山行に満足である。



最初は5時間ペースかと思いきやほぼ4時間で下山。
無駄な休憩を覗けば3時間台で登れそうだな〜。^^

活動時間/4時間5分
活動距離/9.76km
高低差/1,169m
累積標高上り/下り/1,171m / 1,135m
Img_414905e315713c27394c145107851831
Img_b0a1552567e94f6a7d378536f1f2fc85
Img_ea232ddd8701e5baf522ebb20b625e60
Img_b15adbe7f62607d38d19182dbc37826a
Img_c01aa1228aba4a34c571bf2daa3f8acf
Img_a5c26bdf506ec5c41c0eb742279f63f5
Img_bf0f6d9e4d2731989afd09a3bdab116a
Img_d6b3bd06ba8be9fe4d89d341490a9048
Img_ad3dd09659b3dd7cde9f9ef1c99d100f
Img_0d78c92139109636efdadc1b69223532
Img_c24daeacc87266cf01f03f165b097f98
Img_c80e24690ef108400a138070fd73a208
Img_037dae6db8aa6e27b77d625aa126e01f
あの稜線をまた歩きたい思っていた荒島岳に、
アキヤン、Mayさんが一日に行くことを知り、押し掛けることに。笑。

既に残雪期ということもあり、重い雪を覚悟で入山。
序盤のコンクリの坂はだいぶ雪も融けてなくなっていた。
登山口手前からは粗目の雪が続く。
そして…ガス。ガス。ガス。…雪。
幸のことに風はあまり無かったが、モノトーン世界の中を歩くことになる。
白山が見える箇所でもまった見えず。手前のブナが際立つだけである。

途中、ガスって何も見えないのに。好天に転じるとは思えないのに。
こうめさんとアマちゃんがすれ違ったおじさん曰く!
『山頂は陽射しがあって白山がバッチリ見えるよ!雲海もあってさぁ〜』と。

今日は4月1日。

はいはい。
その話を聞いた時はテンション上がったけど、山頂で下がったよ!笑。
でも、ランチ中にガスが少し晴れ、青空が顔を出す!
福井の山脈も見え、思わず歓声があがる!
おぉぉぉ〜〜〜!美しい!
ここで少しガスが消えるのを願いながら待つことに。
しかし、晴れず。
寒さもあり下山。

下山途中に荒島岳に陽が差し、
まだまだ雪を多く纏った山容が顔を出す!
これにまたテンションが上がる!
下山時に晴れだす、お山あるあるだ。
しかし、このちょっとな感動で、この山行が救われるのだ。
以前の伊吹と同じ。
ガスりながらも下山中に見えた何でもない下界にえらく感動した記憶に近い。
おじさんが山頂にいた頃は、絶景が見えていたのかもしれない…と、そう信じておこう…。笑。

*******************************

アキヤン、Mayさん、ゆーすけくん、遠方からお疲れさまでした!
白山と稜線の絶景を見てほしかったのに残念!
これに懲りず、新緑頃にまた来てくださいな。^^
こうめさん、アマちゃんもお疲れさまでした!
アマちゃん!パンツが更にへたったよー!ヤバいっす!
こうめさん、翌日の西穂は気をつけて!

みなさま、また機会があればご一緒してください!

*******************************

この日の滑落事故。
 (Click!) 
明日は我が身と気持ちを引き締めなければいけません。


活動時間/8時間35分←遊び過ぎ!参考になりません。笑
活動距離/8.47km
高低差/1,172m
累積標高上り/下り/1,211m / 1,226m
Img_b0da082a7646cc72e0a1706d44c2f3af
Img_d99e014cc78966d161628823d2193fb3
Img_52c131de9ad5aa33636fcf1074ff1e63
Img_4d3a0ad74249f087f2badaa3c0cb16e6
Img_72c1f7e75c7e597cbab7a860e69fb141
Img_0cc9734957de6b0b1a235d989c0592ce
Img_1e89afd22b2cec6cc52745b7e88a9d47
Img_1480c83cb6256ce955b343f04285f3b8
Img_d1c1db8b9c37ff8cbd6e2446707ff73e
Img_c1c6fa77133030aa94509a2b82d681cd
Img_bd4527e1a7f2e258a87d84b200c58d19
Img_71ca1fc64eb81f736de489aaf9d66501
Img_4b36002f0ec744c6baf36d912460023a
朝。3時起き。
4時前にはクルマを走らせた。
暗いうちのドライブはあまり好きではない。
真っ暗闇の美濃街道。
ふとルームミラーを見ると荷物だけのはずが、
見知らぬ女性が鎮座している…。

季節外れの怪談。
そんなシーンを思い浮かべながら運転すると目が覚める。
その女性が井川遥さんなら尚グッド!

さ、話はお山へ。
先週行くはずだった荒島岳。
モヤモヤは軽く吹っ飛ぶような山行となる。
今週はかなりの降雪があったと聞き、ラッセル途中敗退を覚悟していたが、
土曜に踏み固められ、絶好の雪山道となっていた。
九頭竜湖から見る荒島岳にはガスが立ち込めていたが、登る頃にはすっきり晴れる。
朝陽が眩しい!空気もほどほどに澄んでいる!これは期待できそうだ!
スタートからアイゼンを付け登る。
今日は気分がいい!
休憩無しでシャクナゲ平まで登りきる。
一旦下り稜線へと向かうアップダウンがある。
締まった雪とアイゼンは気持ちよく、ピッケルも踏み後部分ならしっかり固定できた。
もちがかべを過ぎると、開放感抜群の稜線へ!
強風は一部の稜線のみで、快適な稜線歩きとなった。
山頂へ着くも標識がない。
探してみると、『荒』しか出ていない。
結構、降って埋まったもんだ。笑


活動時間/6時間0分
活動距離/8.35km
高低差/1,173m
累積標高上り/下り/1,231m / 1,225m
Img_84c0d870127e8f3344a24c9c9ed08266
Img_6d82b14bc5fd18d86de207f79237907b
Img_f49407ff214be474fb1fe99c9cc1a298
Img_f9700382b390b67e85757b62746386b6
Img_1e5bd90237021ba35c52137855769b0d
Img_0347c87799e1755406d626fccdbe6664
Img_3c82b86dc5b17598b3ea4a9a1c690830
Img_aefa8d7c5d29782ce9ada6622b2af8a7
Img_a64c8f3a6bb8023a9c541ae687f4b05b
Img_e851198a2f9f146cc38b5114b3a93e1b
Img_4ac7a807cc63894434893639da305bbc
Img_70fcae5e33f97b9559903a8cacde647c
Img_6d50563f41e92258166a47453448b53e
こうめさんと荒島岳の話が出る中、
日本海側に寒波襲来でとんでもない天候と予想し、断念。
自分は綿向山へと伝えると、
こうめさんは北横岳から見た蓼科山が気になり、蓼科山への思いが強い…。
厳冬期の蓼科山も今冬季に予定があったので、ならば蓼科山へ変更。
蓼科温泉とセットで提案し、決行となる。

6時45分。駐車場へ先に到着。
既に95%埋まっていた。
すずらん峠駐車場には駐められず、
道路挟んだ前の空き地に駐めることに。

こうめんさんとあまちゃん到着時には、100%。
ここで、自分のクルマ後ろに空きスペースが!
バックで詰める。軽なので余裕で前に二重駐車し、駐車難民にならずセーフ!
それにしても厳冬期でも人気の蓼科山である。
(もしご予定の方は、土日であれば7時到着では遅いです!6時〜6時半を目指してください)

朝の気温。マイナス15℃。
風速計の液晶画面は寒さで虹色に変色する。
カメラもシャッター音が少しおかしい。

朝は寒かったものの、陽射しが出ると心地よい。
しかし高度を上げると徐々に冷え込みだし、剥き出しの肌が痛い!
汗で濡れたグローブはご用心!指の感覚が無くなるので、
出来れば予備必須で!

活動時間/4時間55分
活動距離/5.74km
高低差/801m
累積標高上り/下り/811m / 819m
Img_268abadf7a990df5164ae7d83d649aad
Img_2a62b571dc63a5bcf6d6960db3b2649a
Img_cc4abfe5b4277a405f363b519ed9b94b
Img_76ce27adeb98608a05bb8b623477e037
Img_ecfefa0f5d6e35eea86a344d36a451cd
Img_2567ed814d20a22689261f663993f2fa
Img_28b881d46d8d5f8682b1c4040d0dd8c1
Img_da6f57a11e036fca900e5cfdd4e3ced3
Img_70dbeca05b5871384e33fbaa4c0be2aa