Img_24a9b3b8cc41d1a41451f7cd22b9698d
今日は天狗で味をしめた霧氷を見に行こうと
安定メンバーで南沢山・横川山の山行でした。
八ヶ岳・赤岳への話も出ましたが、近場の山域、阿智に決定!

クルマのナビをセットすると八ヶ岳方面は220km超えますが、
阿智だと110kmほどの半分。
何がラクって…いつもより寝れること。
これが一番有り難いね。
山にも行きたいけど、最近布団が恋しいのよ。^^;

自宅からクルマで高速を走り約1時間半。
登山口駐車場の気温、マイナス3℃。それ以上に寒さを感じました。
しばらく待つとこうめ夫妻到着。
のんびり準備し、7時前には入山。

あとは写真にて。

下山途中、けんけんさんご夫妻と遭遇!
あぁ〜写真撮れば良かったです!すみません!(≧∇≦)

【下山後】
月川温泉へ行きほぼ貸し切り状態で癒されました。
その後、園原インター方面へ戻り、途中、神坂神社方面へ左折。
東山道・園原ビジターセンター はゝき木館(ははきぎかん)のお隣にある「門前屋」にて昼食。

帰り際に買う物を買って帰路へ。笑。
今宵は美味しい豆腐にヒマラヤ岩塩と焼酎ですな。^^



活動時間/4時間50分
活動距離/9.45km
高低差/603m
累積標高上り/下り/818m / 842m
Img_b546abdef8384dd4a82031f40022a00a
Img_841f8385835edecd961c88d5edd150e5
Img_6d457968fca2e4350d80203fd3946adb
Img_035ee0b962fef4360325c50f4fb144d6
Img_cc456a909c748cad38b660a44e1be420
Img_d7c78caf4d3ca3ec8907381dc0e42b81
Img_c511bca41a1b5a5ea569c38fbbc2148c
Img_c4b3ba1969b689a55b45324c86232bcc
Img_ba6c32386b423c18165f31dddf6e2458
Img_85ab30841e059d85db08fba9bd6fbe4e
Img_d012319bd830ef4ad0c64dc5f29566d7
Img_555b3d118b8ef393cd770541096d2f4f
Img_a68df407e5592db1b1de8562fad677f5
天候が安定していない…とは言え、せっかくの3連休。
初日の寝坊でリズムが狂い「ア」にも「八」にも行けず。
2日目。近場の「阿」で涼を求める。笑

クルマで1時間15分ほどで行ける阿智へレッツらゴー!
(伊吹山へ行くのとほぼ同時間)

富士見台高原の天候はそこそこ安定しており
気温も低く風もある感じだ。
神坂神社にクルマを駐めてスタート。
歩き始めは沢の音とヒグラシの大合唱である。
これが心地いい!
ただ、ヒグラシは夕刻のイメージもあり
少し切ない気もするが…。笑

黙々と歩き続け、気がつくと萬岳荘が目の前に。
山荘を見た瞬間、爆竹音が炸裂した!
パンパンパッパッパパパーン!!!!!

ここのところ熊が目撃されているらしい。
今朝方も熊が出て数名の方がパトロールしながら爆竹や花火を鳴らしていた。

あぁ、しまった熊鈴忘れたわ…(≧∇≦)

爆竹音は気になるが、気にせず山頂を目指す。
風がすごく心地よい!風速2〜3mほどの冷たい風だ!
ペットボトルを5本持って来たが、飲んだ本数は一本のみ。
神社からずっと快適な山行だった。

しかしながら眺望は望めず。生憎のガスは覚悟の上だ。
さっさと萬岳荘まで下りて、朝飯のおにぎりと持参したノンアルをいただく。
そして即行下山!笑。(少しは山を楽しめよ!)
朝から気分が既に温泉モード全開である。

その後、貸し切りの月川温泉でまったりして
近くの喫茶店でピラフと再びノンアルをいただき、
帰路へ。


活動時間/3時間56分
活動距離/11.80km
高低差/714m
累積標高上り/下り/825m / 810m
Img_2813c1dfc8179ebf859013058d8fe1ee
Img_62c39fc44c9bdd6d53282673442a3748
Img_68b30a2f8c3af32e1cae9cd8eab17d57
Img_e72e183b5c19a7c54fa5d48f225d8ff5
Img_a86f1b53e605465d76376a12f3d68fb0
Img_c04cd706ad9781d6abbdcb0533188278
Img_46fed8d72a940b11c66e21461e7c9998
Img_8b3d0cd42e09b5224a76d17d10cd8b32
Img_6dbf5e3f4404fc5e08bba7883183e6d1
Img_0c7f5310d8f028fa0fea1b3bd995ab2f
Img_d8745a8bcfc7cf1bf890312cbadc7a0b
Img_0a8f83b33d935725c6a09d7035ad3a6b
Img_6d19b81bcbb706303a9d1d0865007857
土曜日に武奈ヶ岳へ行こうとしたが、
必殺技の「アラーム無意識止め」が炸裂してキマる!
朝、5時に出る予定だったが、目覚めたのは8時。
もう登ってる時間である。なぜ、自分は寝てる!

特に約束したワケではないが、この日、masaさんも武奈ヶ岳だ。
たまたまLINEで翌日の山行を知り、
現地で会えたらね〜と、話していたので、
とりあえず「朝、撃沈」と送る…。(≧∇≦)

まぁ、日曜日も晴れるから
明日、武奈ヶ岳へ行こうと決め、
再び布団に潜る。

その日の夕方、カミさんが明日はどこへ行くの?と。
武奈ヶ岳だよ。というと、
キツイ?と。(いきなり行きたいモード)
とても、今のカミさんに、楽勝!楽勝!とは言えず、
山の変更を提案する。
以前から話に出ていた『富士見台高原』である。
カミさんはまだ一度も登っていないので、
僕は紅葉を期待しつつ付き合うことにした。

【紅葉】
紅葉の状態は、もうちょい先が良いかも。
色味はまだ中途半端な感じ…。もしくは今年はハズレ、か。
ところどころの木々では良い色もあったが、
山容全体の燃えるような印象は弱かったと思う。


累積標高上り 815m
累積標高下り 813m
活動時間5:31
活動距離11.69km
高低差705m
Img_58183cbe6087d8c9c9b19181855320a4
Img_194a049e278436b4c51d1493ede1f085
Img_ae66b4c0b02c6a27fcc7ee20930cee4c
Img_a085c2e57b81c33631dce3e86123d832
Img_e2b9a07728465a231d32200803b9445a
Img_7f058692bd72be9aa7af687ef757b1a4
Img_b9b7cbdde5c7764331be46da63e3e16f
Img_27a1e51ee3566601d4a573e7aa42d8bc
Img_57f9f669c382979f10ec38ea58a704a5
Img_ac2cb9d08c096dd33d99db4edbb1ef9c
Img_a3c5e33ff18516da45df654700bfd390
Img_889cdaa10ff6276828727409860a05b4
Img_ea5270a5fac1e7e776ea5a9c441b2a61
3連休初日。
秋雨前線が台風の影響でどうなるのか読めない中、
辛うじて土曜日が曇天キープで安定することを前日に知る。
行きたい山へ…ではなく、行ける山へシフトチェンジ!
(まったり五の池小屋泊を企んでいたが…)

前日の夜では、蓼科山と富士見台高原がてんくら合格ライン。
蓼科は先日行ったので久しぶりに富士見台高原へ行くことを決める(当日の朝に)。

自宅を5時に出て、途中トイレ休憩をはさみ、6時30分に神坂神社に到着。
長野県阿智は鈴鹿へ行く時間とそう変わらないのが嬉しい!

神坂神社から歩き出して、すぐ目に付いたのは、色んなキノコである。
序盤、10歩行く度に撮っていた気がする。
初めて見る異様な光景にキャプテンウルトラのバンデル星人を思い出す。
子供の頃、一番怖い下っ端キャラという記憶がある…。笑。

キノコばかり撮り歩いてると、目の前に萬岳荘。
そのままスルーして、ガスガスの山頂へ。
2〜3枚撮って即下山。
そのとき、ぽつぽつと雨が…。
濡れる程ではなかったので、帰りは萬岳荘に立寄り、
ノンアルとおにぎりで少しだけ過ごした。
テラスで食べてるとまたポツポツと降り出してきたので、
急いでおにぎりを頬張り食事を済ませ、足早に下山する。

下山後は月川温泉へ行き、一人貸し切りの露天風呂に癒されたあと、
キレイなお姉さんがいる阿智ビジターセンター横のそば屋でランチ!
そして、帰路へ。


今日は良いけど、
明日と明後日をどう過ごすか…だな。^^;


活動時間4:16
活動距離11.42km
高低差701m
累積標高上り 806m
累積標高下り 827m
Img_b1dd638d3c1553e0fdeaa8afaf8ddeb6
Img_273b2feff9bdb2cc89a7e3d239cdf89b
Img_49c61149b2b58c0995d356e4c511de75
Img_d39e1dea449dbe21ac100cd27e5ca98b
Img_9b97f3334f936b1c1c2eef8e003a93de
Img_c578f68bce93c8cf66910eeb38ee6355
Img_5e12e01025e506aeb97783ad5c21ec37
Img_0e38cc9f0e04979c859bd32ef5c80302
Img_0e4d204b57e9a68413c59f4d1ddf4d82
Img_df520fb1cf5f71bcffd0035ebdde98fc
Img_eca418a35ebf923308083f522a388822
Img_a0c6a5baee7cb80d046c06c3c0d5fbfd
Img_9406afe025ae7c590a7d8a61f4181b3f
小葉のガマズミ
活動時間6:31
活動距離13.43km
高低差1,380m

週末の土曜日。てんくらとにらめっこ。
小秀山・恵那山・経ヶ岳
このどれかに絞るも、既に頭の中には経ヶ岳が有力候補にあがっていた。

sawchさんのホームグランドである。
何度かメッセで山の様相はお聞きしてイメージは出来ていた。

中央アルプス北端。経ヶ岳。
「経」のつくお山では最高峰らしい。
そして、誰もが口を揃えて地味で面白味の無いお山で、
眺望もさほどよくないお山だとよく言われている。
どこかのお山もそんな陰口を囁かれていたような。σ(^-^;)
人気の無いお山は大好きである。荒島岳がそうだったように…。

山道は登り始めは緩やかに道幅も広く歩きやすい。
ずっとこのままで山頂に行けたら…と思う。笑。
1合目から4合目。
道幅は狭くなるも急登は無い。
5合目から6合目。
徐々に急登になっていく印象。
7合目から8合目。
ほぼ急登です。
8合目から9合目。
急登もありアップダウンが続く。
9合目から山頂。
一部急だが緩やかな登りになりそのまま山頂へ。
下山も長く感じたが、ほぼ土なので脚や膝に優しいと感じた。

【おまけ】
こっこさんオススメの攣り予防の芍薬甘草湯…今回効力発揮!

【仲仙寺】 (Click!) 
羽広山仲仙寺は、平安時代の弘仁七年(816年) 比叡山延暦寺の高僧慈覚大師(じかくだいし)により開創されました。 大師が比叡山で見た夢の中で「信濃の国の大神護山(だいじんごさん)へ登り観音様の像を造り奉れ」と告げられ、 大神護山に登ると夕方になって明るく光る木を見つけ、この木を17日間彫り続けると、十一面の救世観音の姿が顕れました。 大師は大神護山にこの仏像を奉納し、残りの木片にお経を書いて奉納されました。 このことからこれより後、経ヶ岳と呼ばれています。 その後、二世藤原法師がこの仏像を本尊として祀り寺を建立し、 幾多の時代の変転を越えて法燈を継承し現在に至っています。
Img_05ea63e3bd4c9e489841eb59a62ac654
Img_16946d9012e0646fded87bd8174c0141
Img_911f2f41a25924ce5f6df8678cbed4d2
Img_e72d7e9361c1af3ccf1002600a6cd8f3
Img_de768e0e7147d71f079b4b0ed02e268e
Img_13513ce8cb3c53cff2ad47d640261b33
Img_6bfbfe151ed1435d011b498b0c1635b4
Img_e33cc9e9184c78551d1b159244650577
Img_346c89e1f2abb964febe6968c4cb5aef
Img_3dffb49b59776df0346ce5b624af0bd2
Img_b54679f0e136d7adc2879fb398b0f038
Img_f4340a9844e174cd1e0785432d70adf6